家庭教師をお考えのかたに

近年、政府によって公立学校の授業料が無償化になってからというもの、県立や都立よりも早いうちから私立にお子さんを入れたいという親御さんが増えてきました。たとえば、高校受験や大学受験など、さまざまな人生の節目である受験は、公立よりも私立のほうが手厚く補習を行ってくれるというのも受験者増加の要因の一つでしょう。

しかし、受験をしようにもさまざまな事情から塾や予備校にいく手段や時間がない、という方もおられます。


そのような受験生にぴったりなのが、家庭教師の存在なのです。

江別の家庭教師の情報を見つけよう。

それでは家庭教師というのは、どのようなシステムなのでしょうか。



多くの場合、派遣会社に登録後、希望の時間帯や教科、性別や出身大学などで自宅に呼ぶ家庭教師をある程度、選ぶことができます。



その後、派遣会社を通じて連絡をうけた教師がやってきて教えるというシステムをとっていることがほとんどです。

しかし、たとえば親御さんが不在の場合で、家に他人が入ってくることに抵抗がある場合などは、静かな場所の確保さえ出来れば自宅外での授業可としているところもありますので、そのあたりは各派遣会社に事前に確認しておくのがよいでしょう。

それと、意外に見落としがちになりますが、大学生が家庭教師をアルバイトとして行っている場合と、社会人のプロの講師ではもちろん価格も異なりますし、授業のノウハウも違ってきます。

これはあくまで参考までにして頂けたらと思うのですが、一コマ単位で講師を雇うのだとしたら、その科目の特性によって講師を使い分るという方法もあります。
たとえば暗記系科目のアウトプットを重点的にやりたいときはわざわざプロを高い金額で呼ばなくとも、大学生で十分だといえます。


このように科目や、インプット・アウトプットなど、状況によって家庭教師を変えていくことで効率的に高い学習効果を得ることができるといえるでしょう。